酢酸テトラブチルホスホニウム

酢酸テトラブチルホスホニウム (TBPAc) は、廃棄物を減らし、かつ生産とエネルギーにかかるコストを削減しながら、反応速度と生産量を増やすことを可能にする効率的な相関移動触媒です。 それは、熱安定性のある相関移動触媒であることに加えて、ルイス酸特性があるため、ポリマー、薬剤、および農薬のような分野で使用される多くの遷移において有用な触媒になっています。 それは、モノマーおよびポリマーの前処理用の (遷移) エステル化触媒として使用されています。

(TBPAC) は第4級ホスホニウム塩で、 迅速な炭酸塩エステル交換反応を開始するために触媒として使用されます。

アプリケーション:

ご購入可能な製品

酢酸テトラブチルホスホニウム、40% (水溶液)
CAS# 30345-49-4
SDS