脱シリル化剤 | Salego™ DSIL

SACHEM の Salego™ DSIL 製品ラインは、薬剤的多段階合成における脱シリル剤や脱保護剤として使用される固有の製品です。 Salego™ DSIL 3433  (TBAF) は、有機反応システムに対する理想的な非水性フッ化物源です。 TBAFを脱シリル化または脱保護剤として使用することは一般的に知られており、実際に使用されています。 しかし、そのユニークな塩基と非求核特性によりTBAFは、多重反応クラスにおいては多種多様な試剤として使用されています。

ご購入可能な製品

Salego™ DSIL 3433
脱シリル化剤
フッ化テトラブチルアンモニウム (TBAF) 三水和物、 98%
CAS# 87749-50-6
SDS

「TBAFの合成効用」をダウンロードして、脱保護/脱シリル化作用や下記の反応におけるTBAFの使用例を検討します。

  • 環化
  • 共役付加
  • アシル化
  • アルキル化
  • 凝結
  • 脱離

TBAFの主要特性および利点

SACHEMのTBAFは下記の特徴を備えた三水和物結晶としての脱シリル化剤です。

  • 最低限の水分(TBAF各モルに対し水3モルのみ)
  • さまざまな反応システムにおける増大反応に関し、有機溶剤で簡単に溶解する。
  • 増大アクセシビリティに関し、フッ化物の「無水」のソース。
  • 塩基触媒反応における使用に関し、非求核塩基。
  • TBDMS(tert-ブチルジメチルシリル基)保護アルコールに関し、強力脱シリル剤。

TBAF製品のご購入:

当社施設間のネットワークとシームレスな流通サポートによって、世界中どこでも均一性、信頼性があるTBAFを分量にかかわらずご購入いただけます。

  • 一括大量購入の場合は、商業規模生産が可能。
  • TBAF 三水和物25 kg と50 kgファイバードラムのパッケージ

当社にご連絡いただき、TBAFがご自分の反応システムに対してどのように作用するかご確認ください。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。