コアシェル 陰極 コーティング技術

SACHEMの革新的なコアシェル陰極コーティング技術は、低温方法を使って、リチウムイオン電池陰極材料の活性セラミック粒子上の金属酸化物外殻を製造しました。この技術は、様々なセラミック粒子に使用されるように設計されています。これにより、外殻の厚さをコントロールしながら、粒子を均一にコートすることができます。
SACHEMコアシェル化学処理後の活性セラミック粒子形態
本来 コアシェル
コアシェル陰極コーティングのプロセスの利点
• 室温プロセスで前駆体外殻を形成
• 均質且つ連続的な外殻
• 前駆体外殻の焼成温度が180 – 400°C
• 制御可能なシェルの厚さ
• 各種の金属酸化物外殻および非金属酸化物外殻に適用
コアシェル陰極コーティングの性能の利点
リチウムイオン電池がより多くのアプリケーションに使用されるように速く進化できなかった理由として、陰極材料の非効率性が挙げられます。今日の材料は、低容量や運転時間に伴う容量減衰、高電流放電での急激なレート容量の低下などの欠点を持っています。一部の陰極材料は、熱安定性が不十分の上に、過充電性能も不十分です。これは、固体電解質界面(SEI)層の崩壊によって引き起こされるのです。そして、低いサイクル寿命と容量損失につながります。SACHEMのコアシェル技術は、次のような利点につながる構造と熱安定性を提供します:
• 高められた動作電圧
• 改善されたレート能力
• 抑制された容量の減衰
• 強化された放電容量

この技術の調査結果のデータを確認するには、当社の「SACHEMのリチウムイオン電池アプリケーションにおけるコアシェル化学」白書をダウンロードしてください。