水酸化テトラブチルアンモニウム (TBAH)

水酸化テトラブチルアンモニウム (TBAH)

 は、高度な半導体から有機化学までさまざまなアプリケーションで使用できる強い有機塩基です。  TBAHは溶離剤および再生体としてイオンクロマトグラフィーに使用されます。

SACHEMは、さまざまな濃度および溶液によりTBAHを供給しています。

1例は薗頭カップリングです。これは塩基が存在する中で、末端アルキンとアリール、またはハロゲン化ビニルの間に起きる反応です。 この強力な合成反応は通常無水と嫌気の条件を必要とします。  この反応でTBAHは84%というより良い収率を提供しました。 KOHは3%の収率に過ぎませんでした。

技術資料: 強い有機塩基の有機合成反応での有用性
技術資料のダウンロード

水酸化テトラブチルアンモニウムのアプリケーション:

ご購入可能な製品

水酸化テトラブチルアンモニウム、55% (水溶液)
TBAH 55% AQ
CAS# 2052-49-5
SDS

水酸化テトラブチルアンモニウム、55% 超高純度(水溶液)
TBAH 55% AQ UP
CAS# 2052-49-5
SDS

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。